様々スポーツに接したことが役立っている メンタルトレーナー

Posted on 8th 7月 2011 by Wilson Cham in テーマ「メンタルトレーニング・メンタルトレーナー」2015-07-01 2015-07-01

メンタルトレーナーをしている私の友人は子供の頃から様々な種目のスポーツに接したスポーツマニアであった。

そんな彼女の父親は、娘たちにテニスと乗馬、集中力を向上させるためにアーチェリーを、
手の感覚を身につけるためのバスケットボールを専門先生に学ぶようにした。

運動といえば見ることから始めて、直接接することまで、子供の頃から日常で当たり前に接しました。
両親は、他の両親とは異なり、私ガ勉強をするよりも、運動することの方が好きといいました。
だから毎年スポーツ種目を変えながら学びました。
それが今、私は様々な種目の選手たちに会ったときに理解できる基礎となっています。 "

運動だけでなく、バイオリン、ピアノまで両親は、彼女が、さまざまな事に接することができる機会を作ってくださった。
そして彼女が中学生になって 進路を決定する際に「君はこれまで見たきたことが多いので、その中で上手に出来ることは何か、
また継続したいことが何なのか」と質問された言う。

彼女は運動ではなく、化学に興味を持っていた。
白衣を着て、データを見ながら、正確な答えを見つける姿が素敵だし、実験をしながら科学的に何か導き出す達成感が彼女には魅力的に感じられたからであった。
そんな中、オリンピックのマスタープランを組む方と一緒に奉仕をする機会があり、その後、彼女はスポーツの分野で何か貢献できる
事があるかもしれないと思うようになった。
彼女は運動選手を激励し、彼らだけが苦しむ苦難に共感し、彼らと心を一緒にしたいと思い引かれた。
そんな彼女に、両親はスポーツ指導者またはスポーツ心理カウンセラー(メンタルトレーナー)になってみろと提案してくれ、彼女は体育学科に進学した。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans